プガチョフ の 乱

プガチョフ

Add: ywijufo69 - Date: 2020-12-17 02:55:23 - Views: 182 - Clicks: 679
/9153-10 /25727728 /141616/127 /0f01da30ea4-51

さて、この頃第1回ポーランド分割が行われます。 エカチェリーナは、ポーランド・リトアニア共和国の国王・アウグスト3世が死んだとき、元愛人のスタニスワフを国王にして、隣国ポーランドを影響下に置いていました。 プガチョフ の 乱 もちろんガチガチの内政干渉ですが、この頃、ポーランド・リトアニア共和国では、王位は血統による世襲ではなく、国王自由選挙で国王を決めてたので、エカチェリーナは、有権者の貴族を金で買収したり、ロシア軍を送ったりして武力で脅し、元愛人を国王につけたんですね。 元愛人が国王になったポーランドは、ロシア帝国の保護国になっていたのですが、これに恐れを抱いたのはフリードリヒ大王率いるポーランドのお隣プロイセン。 そこでフリードリヒ大王は、自分のファンクラブの一員であるオーストリアのヨーゼフ2世と共に、「ポーランド一緒に分けね?」とロシアに言ってきました。 エカチェリーナも、「じゃあ分けよっか」と返事し、ここに第1回ポーランド分割が行われたのです。 この時、オーストリアはマリア・テレジアとその息子ヨーゼフ2世の共同統治を行っていたのですが、マリア・テレジアは風紀委員長みたいな人で、愛人をとっかえひっかえしてるエカチェリーナのことを嫌っていました。 しかし、その息子の神聖ローマ皇帝であるヨーゼフ2世は、「話が分かるやつだ」と、エカチェリーナと仲良しだったらしいです。. See full list on jp. プガチョフの乱 農奴制廃止 ロシア‐トルコ戦争 中の1773年、 エカチェリーナ 2 世 が農奴制の強化を進めたため、コサック出身の プガチョフ はピョートル3世を名乗り、農奴の解放を唱えて反乱を起こした。. 実際の事件として当時おこったプガチョフの乱が中心となるので、ピョートルとプガチョフの不思議な関係を軸に話が進んでいきます。 プガチョフは、イヴァーンを殺してみせしめに吊るしあげるような男ですが、なぜかピョートルとは友情をはぐくみます。. See full list on sekaishilibrary.

デジタル大辞泉 - プガチョフの用語解説 - 1742ころ~1775ロシアの農民戦争(プガチョフの乱)の指導者。ドンコサック出身。1773年、農民のツァーリ信仰を利用してみずからピョートル3世と称し、農奴解放を唱えて農民蜂起を指導。蜂起にはコサック・労働者層も参加。政府軍に鎮圧さ. プガチョフの解説。1742ころ~1775ロシアの農民戦争(プガチョフの乱)の指導者。ドンコサック出身。1773年、農民のツァーリ信仰を利用してみずからピョートル3世と称し、農奴解放を唱えて農民蜂起を指導。蜂起にはコサック・労働者層も参加。政府軍に鎮圧され、モスクワで処刑された. プガチョフの乱のフランス語への翻訳をチェックしましょう。文章の翻訳例プガチョフの乱 を見て、発音を聞き、文法を. ステンカ=ラージンの乱: 17c: ロマノフ朝できたての頃のコサックの反乱: : プガチョフの乱: 18c: エカチェリーナ2世の時の農奴の反乱: 52: スワラージ: 20c: カルカッタ大会の四大綱領 自 治 ラホール大会の決議「完全独立」はプールナ=スワラージ:. プガチョフの乱が通常の呼び名です。 プガチョフの反乱に呼応して、ボルガ川やヤイク地方の農民(というか農奴)がどさくさ紛れに一揆を起こしたため農民反乱という言い方がありますが、ロシア農奴の一揆はプガチョフに便乗しただけなので、今ではプガチョフの乱で統一されていると思い. プガチョフの乱を舞台としながらも、青年貴族とコサックの娘との純粋な愛、敵プガチョフとの友情など柴田先生による宝塚らしい秀作。 今回は、1998年月組『黒い瞳』。. 『プガチョフの乱』である。 ドン=コサック出身のプガチョフが、農奴制廃止を求めて挙兵するのだが、その時プガチョフは「我は(エカチェリーナに殺されたと言われている)ピョートル3世なり!」と名乗りを上げたのである。. 次のロシアで起きた反乱を 古い順に選びなさい プガチョフ の 乱 ステンカ・ラージンの乱 プガチョフの乱 デカブリストの乱 42%.

The Pugatchev Uprising. プガチョフの乱について エカチェリーナ2世は、啓蒙専制君主として「上からの改革」を目指すも、農民がプガチョフの乱を起こし、結局はプガチョフが負けてしまい、エカチェリーナ2世は反動化して農奴を強制化した、という流れで合っていますか?合っているとしたら、なぜ農奴解放令の. プガチョフの乱(プガチョフのらん、露: Крестьянская война 1773—1775 годов )は、ロシアのヴォルガ川・ウラル川流域で1773年から1775年に発生した大規模な農民の反乱であり、農民暴動としてはロシアの歴史上最大のものである。. そしてこの作品に出てくる歴史上の大人物、プガチョフの乱の首謀者プガチョフと皇帝エカテリーナ二世の描写も素晴らしいものがあります。 歴史の教科書に現れる彼らよりもはるかに生き生きとしていて人間らしさを感じさせるのです。. ロシアの大詩人アレクサンドル・プーシキンは、18世紀のコサックと農民による大反乱「プガチョフの乱」について、小説『大尉の娘』でこう書いている。「神よ、かくも無意味で何物をも容赦せぬ反乱が二度と起こらぬように」。今日では、「ロシアの反乱は無意味で何物も容赦せぬ」という.

プガチョフの乱は農奴制の頚木に苦しむロシア農奴だけでなく、ドン・コサックや古儀式派の信者などの混成軍であった。 エカチェリーナ2世は当初、事態を全く軽視しており、プガチョフの首にほんの小額の懸賞金を賭けた程度だった。. ミハエル捨てんか→ミハエル=ロマノフ ステンカ=ラージンの乱 プガチョップ え~か、→エカチェリーナ2世 プガチョフの乱 2個デカイ奴と→ニコライ1世 デカブリストの乱 アレにポーランド→アレクサンドル2世 ポーランド反乱. 1795年、ポーランドは、ロシア、プロイセン、オーストリアにより分割された後、欧州の地図から消えた。しかしポーランド人は、独立を回復する希望を失わず、1830年に大規模な蜂起を組織した。11月蜂起、またはポーランド・ロシア戦争(ポーランドでの呼称)の目的は、分割前のような形で国を復活させることだった。つまり、バルト海から黒海にいたる広大な領土をもつ国を。 反乱はポーランド、ウクライナ、リトアニアの広大な領域に及び、ポーランド側は、パルチザンをのぞいても、15万人以上の兵力を有していたと推測されるが、ロシア軍に鎮圧される。 その結果、ポーランドは、ロシア帝国における特別な地位と権利、例えば自身の憲法と軍隊をもつ権利を失った。こうして、ポーランドを単なるロシアの一地方に変えるプロセスが始まる。. 国外では美味しいポーランドを食べたところで、国内ではプガチョフの乱で大変なことになっていました。 この反乱の首謀者プガチョフは、「自分はピョートル3世である」と僭称して、農奴制廃止を掲げて各地を荒らしまくっていました。 この頃、ロシアはオスマン帝国と戦争中で、反乱の鎮圧に十分な軍を回すことが出来ず、さらに、オスマン帝国も裏で反乱軍に資金援助してたりしていたため、とんでもない大規模な反乱になっていました。 しかしオスマン帝国との戦争もひと段落つくと、ロシアの本軍が戻って来て反乱の鎮圧に成功し、プガチョフは捕まって、女帝エカチェリーナにより、寛大にもモスクワで打ち首のうえ、八つ裂きの刑という軽い刑に処せられました。 現代の感覚では残酷ですけど、この時代では国家転覆という大罪を図ったのに、斬首して死んだ後に、苦しまずに八つ裂きにされるんですから寛大です。 ルイ15世を暗殺しようとしたダミアンとか、散々拷問されて、生きたまま身体中を熱したやっとこで引き裂かれた後に、身体の穴に熱した油とか入れられて苦しみ抜いた後にトドメの八つ裂きですからね。 当時の基準で言えば、「さすが女帝エカチェリーナは、ルイ15世と違って啓蒙的だなあ」と言わなければならないですね。 この農奴解放を謳ったプガチョフの乱によって、プガチョフの思いとは逆に、エカチェリーナの農奴に対する見解が悪化し、「ロシアでは農奴を自由にするのは、まだ時期尚早」と、農奴に対する締め付けがさらに厳しくなってしまうのでした。 ← Part 2 目次 Part 4→. プガチョフとその仲間は1775年にモスクワで処刑された 反動的な姿勢を強めることになった プガチョフの乱 (プガチョフのらん)は、 ロシア の ヴォルガ川 ・ ウラル川 流域で 1773年 から 1775年 に発生した大規模な農民の 反乱 であり、農民暴動としては. ロシア皇帝に即位してすぐに、貴族・軍部・教会を敵に回してしまったピョートル3世。エカチェリーナはそんな夫に対し、軍や教会の支持のもとクーデターを起こし、在位6か月で失脚させたのでした。 クーデターですが、ピョートル3世はそれほど抵抗せずに観念したため、すんなりと終わりました。 エカテリーナはピョートル3世を、首都サンクトペテルブルク郊外のロプシャ宮にぶち込んで幽閉しておきます。 そしてピョートル3世の監視役には、側近のオルロフ兄弟の一人、アレクセイ・オルロフをつけておきました。 ここでクーデターなのにピョートル3世の命を取らないのか? と疑問に思う人もいるかもしれません。でもあとで説明しますが、ロシアでは皇帝や皇位継承者を殺してしまうと、結構面倒なことになるんですよね。 しかしピョートル3世幽閉から一週間ほどすると、早馬が来て、エカチェリーナの元にとんでもない報告が来ます。 監視役のアレクセイ・オルロフが、ピョートルを殺したのです。. コサック、農奴らによる「ステンカ・ラージンの乱」は、ロシア史上最大の反乱の一つだ。ロシアにおける農奴制の強化と、ポーランド、スウェーデンとの長期戦による国の荒廃とがあいまって生じた。 ドン・コサックのアタマン(首領)、スチェパン(ステンカ)・ラージンはその旗の下に、何万ものコサックと農民を集結させた。彼らは、貴族に権利を圧迫されて怒り、貴族、官吏を攻撃対象とした。ラージンの軍隊が奪ったすべての都市で、貴族が血祭りに上げられた。 ラージンは、ロシア南部からモスクワに向けて進撃し、途上の都市を次々に陥落させていった。そして、麾下に加わった農民には自由を約束して、軍の勢力を拡大していく。しかし、1670年のシンビルスクの戦いで、反乱軍は敗北し、ラージンら指導者は、その後間もなく政府軍に捕らえられた。 ラージンは、モスクワの「赤の広場」で、四つ裂きの刑に処され、彼の何千人もの追随者たちも残酷きわまる処罰を受けたため、目撃者は非常な衝撃を受けた。.

プガチョフの乱(プガチョフのらん、露: Крестьянская война )は、ロシアのヴォルガ川・ウラル川流域で1773年から1775年に発生した大規模な農民の反乱であり、農民暴動としてはロシアの歴史上最大のものである。. 1813年、ロシア軍は国内からナポレオンを駆逐し、ヨーロッパに入る。パリに入城し、ナポレオンの帝政に終止符を打ったとき、ロシア軍の将校たちは、欧州の生活を身近に見る機会があった。ロシアが欧州に大きく遅れをとっていることを多くの将校は認めざるを得ず、彼らは、この状況を変えねばならぬ、と思った。 彼らはいくつかの秘密結社を結成して、農奴制を廃止し、帝権を制限あるいは完全に廃止し、ロシアで抜本的な改革を行うことを目指した。 1825年12月26日、サンクトペテルブルクで、新帝ニコライ1世への宣誓式に際し、彼らは行動を起こした。しかし、彼らの混乱と躊躇の結果として、デカブリスト(「十二月党員」の意味。後にこの名で知られるようになった)は、皇帝を暗殺することも、政府軍を寝返らせることもできなかった。 反乱は鎮圧され、指導者たちは処刑され、他のメンバーは、シベリアと極東に追放された。. プガチョフの乱 Крестьянская война; プガチョフの前に引き出される貴族たち 戦争:ロシア帝国のヴォルガ川流域で発生した大規模な農民の反乱 年月日:1773年 - 1775年: 場所:ロシア帝国 結果:政府軍の勝利 交戦勢力 農民 ロシア帝国: 指導者・指揮官. プガチョフの乱という歴史を背景に、個人のドラマに焦点を当てるという、現在では常套的な手法が、見事に奏功している。 本書の解説では、家庭小説という言葉でもって後者(個人のドラマ)を高く評価しているが、そのような比較はあまり意味をなさ. プガチョフの乱の時には父の赴任によりオレンブルクにいて、プガチョフの包囲を経験する。 プーシキンの小説『大尉の娘』はクルイロフの幼時の回想が参考にされたとも、作中のミロノフ大尉のモデルがクルイロフの父であるとも言われる。. 百科事典マイペディア - プガチョフの乱の用語解説 プガチョフ の 乱 - 1773年―1775年にわたりロシアに起きた農民戦争。ドン川流域のコサック出身のプガチョフEmel&39;yan Pugachyov〔1742ころ-1775〕を指導者(彼は皇帝ピョートル3世を僭称)にコサック,非ロシア人先住民,ロシア人農民,鉱山労働者らが圧政に抗し.

プガチョフの乱 影響 詳細は「en:Expansion プガチョフ の 乱 of Russia 1500–1800」を参照皇帝・エカチェリーナ2世は、啓蒙専制君主として知られたが、乱の後、農奴への恐怖から反動的な姿勢に転じることになる。. さて、クーデターが成功した時点で、エカチェリーナはロシアの女帝エカチェリーナ2世として即位してたわけですが。支持基盤は弱く、ガタガタでした。 ピョートル3世がムカつくから、皇后のエカチェリーナがちょうど良い神輿として担がれたわけで、元々ヨソ者のドイツ人、しかも弱小貴族の出ですし。 それに、血統で言えば皇太子であるパーヴェルの方が正統性があるわけですし、エリザヴェータに幽閉されたまんま、まだ生きてるイヴァン6世とかもいました。 だから邪魔なピョートルが居なくなった今、貴族としては、わざわざドイツ人のエカチェリーナを皇帝として奉る必要性も無かったのですね。 だから落としどころとして、当初は息子である皇太子パーヴェルを皇帝にして、エカチェリーナは摂政となってはどうか?という案も出ていましたが。 たとえ息子が相手だとしても、エカチェリーナは断固としてロシア皇帝の座を譲りませんでした。 ちなみに、奇しくも同じ名前で昔のロシア女帝であるエカチェリーナ1世も、奴隷からロシア皇帝に上り詰め、ロシア人で無い所も一緒なので、エカチェリーナって縁起が良い名前ですよね。 というわけでロマノフの血を引く息子パーヴェルを差し置き、エカチェリーナは1762年10月3日に、モスクワのクレムリンで皇帝として戴冠しました。 エカチェリーナは、ここから死ぬまで34年間にも渡って、広大なロシア帝国を統治することとなります。 何の後ろ盾も無いどころか、ロシア人ですら無いドイツ人のエカチェリーナの統治が始まりました。 周りの貴族は、「何かヘマしやがったら、すぐに引きずり降ろしてやる」と手ぐすねを引いて、女帝の政治を見守っています。 エカチェリーナは政務に力を入れ、一日の執務は12時間以上。 朝早く起きて執務に励み、夜は愛人とのアヴァンチュールで英気を養いました。 よくエカチェリーナは啓蒙専制君主と言われますが、確かに思想は啓蒙主義的な思想でした。 だから統治開始当初は、啓蒙主義的な政治を行おうとしました・・・が。 よく考えたら、農奴の人権とか認めちゃったら、貴族が損しますよね。 貴族は農奴から搾取してますから。 貴族を敵に回したピョートル3世は、クーデターでああなったのをエカチェリーナは良く知ってます。 そんな恐ろしい貴族の既得権益を潰すような大胆な改革なんて、できるわけがありません。 エカチェリーナは. 1905年のロシア第一次革命は、実質的に、やがて来る1917年の革命に向けての総リハーサルとなった観がある。1917年のロシア革命は帝国にとどめを刺した。生活水準の低さ、言論の自由の欠如、そして日露戦争における惨敗は、1905年にデモや暴動を引き起こした理由のほんの一部にすぎない。 1905年1月22日、サンクトペテルブルクで、平和なデモが兵士に銃撃され、数百人が殺害された後(この事件は「血の日曜日」として知られるようになる)、騒乱はこの巨大な国の全体に広がった。 皇帝ニコライ2世が、自らの主権を制限し、国会(ドゥーマ)を開設し、労働条件を改善することに応じ、譲歩を認めたときにようやく、1905年革命は収束した。これは、次のはるかに恐ろしい革命まで、10年間の小休止を国に与えた。. 反乱はウラル地方で1773年に始まった。. ステンカ=ラージンの記憶は民衆の中に長く記憶され、約百年後の1773年に起こった農民反乱、プガチョフの反乱につながっている。 → 「17世紀の危機」 ロシア民謡「ステンカラージン」.

エメリヤン・イヴァーノヴィチ・プガチョフ(ロシア語: Емелья́н Ива́нович Пугачёв イェミェリャーン・イヴァーナヴィチュ・プガチョーフ;1740年 (1742年) - 1775年 1月21日)は、エカチェリーナ2世治世時代にヴォルガ川流域で起こったコサック暴動・プガチョフの乱の首謀者。. · 日本初放送となるシーズン3では、「プガチョフの乱」とよばれる大規模な農民反乱や、前女帝エリザヴェータの皇女と称する新たな敵との戦いが. エメリヤン・プガチョフは、ドン・コサックの出身。彼が率いたコサック、農民らによる反乱は、ステンカ・ラージンの乱と多くの共通点がある。 プガチョフ の 乱 この1世紀前のケースと同じく、プガチョフの乱に参加したコサックと農民は、彼らの権利と特権が国家と貴族によって抑制されていることに大いに不満だった。 コサックのプガチョフは、実は自分は「奇跡的に救われた」皇帝ピョートル3世であると宣言した(実際には、ピョートル3世は、妻であるエカテリーナ2世のクーデターで、廃位、殺害されていた)。この僭称者は、自分が帝位に就いたあかつきには、彼らに自由、福祉、繁栄を約束すると宣伝して、約7万人にのぼる巨大な軍隊を集めた。 反乱軍は、ロシア南部の、ウラル山脈とヴォルガ川にまたがる広大な領域を勢力下に置き、これらの地域の多数の要塞と小都市を占領し、派遣された政府軍をすべて破り、ロシアの支配層を恐怖のどん底に陥れた。 しかし1774年には、反乱軍は当初の勢いを失い、敗北を重ね、ついに鎮圧される。翌1775年、プガチョフその他の首謀者は、モスクワに連行され、そこで処刑された。.

ピョートル3世の死亡の報はすぐにロシア中に伝わり、「エカチェリーナが暗殺したのだ」と噂されました。 ちなみに、エカチェリーナが出した暗殺指示の証拠は無いみたいですね。 この頃は監視役アレクセイ・オルロフの兄のグリゴリー・オルロフが、エカチェリーナの愛人でしたし、もしかしたらピョートル亡きあと、兄がエカチェリーナと再婚して、ロシア皇帝にさせ、オルロフ家の繁栄を夢見ていたのかもしれません。 それに、どう考えてもエカチェリーナにとってピョートル3世は邪魔ですが、ロシアでは皇帝や皇位継承者を殺してしまうと、偽者が出てきてしまうという伝統があるのです。 実際、「俺がピョートル3世だ!実はエカチェリーナの魔の手から逃げ伸びていたんだ!」と、エカチェリーナの治世下で何人も偽ピョートル3世が現れます。 だから前皇帝を簡単に殺したら終わりってわけでもないのです。 前の女帝エリザヴェータがイヴァン6世を玉座から蹴落としたときも、イヴァン6世を殺さずに幽閉したままにしておきましたからね。 幽閉していたら、本物が生きてるから、偽者が出てくる心配が無いですので。 まあその代わりイヴァン6世は、乳幼児の頃からずっと監禁生活送ってたんですけどね。 というわけで、アレクセイ・オルロフが出しゃばって暗殺したのか、カッとなったのか、それともエカチェリーナ自ら暗殺を命令したのか、というのは謎です。 でもエカチェリーナはアレクセイ・オルロフを罰しませんでした。このことから、「やっぱりエカチェリーナが殺したんだな」と思われて、心証が悪くなります。 しかし国際的に、腐ってもロシア皇帝だった男を「暗殺しました」なんて言えるわけが無いので、「ピョートル3世は持病の痔が悪化して、亡くなりました」と声明を出しました。 もうちょっとカッコいい死に方にしてあげれば良かったのに。 もちろんヨーロッパの各国は、誰もピョートル3世が持病の痔で死んだなんて信じませんでした。 クーデター1週間後に、タイミング良く痔で死ぬわけがないですよね。. 1773年から1775年にかけて、 農民、工場労働者、炭鉱夫、少数民族などによる、ロシア市場最大と言われる大規模な反乱「プガチョフの乱」が起こる と、エカチェリーナは国内で危機に直面することとなります。.

プガチョフ の 乱

email: [email protected] - phone:(455) 314-5847 x 1922

うつ 思い込み - マネージャー ハイスペ

-> ぼく と 姉 と オバケ たち
-> 人口 格差

プガチョフ の 乱 - みにくい


Sitemap 3

Nothing matters more -